建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 医療施設のレイアウトを3Dで提案できる営業支援ソフト『3D医療施設プランナー』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

医療施設のレイアウトを3Dで提案できる営業支援ソフト『3D医療施設プランナー』

2014年9月10日 分類:

メガソフト株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役:井町 良明)は、医療分野に特化した専用パーツ500点以上を含む約3700点の3D素材を用いて、クリニックから大規模病院まで施設の空間イメージを3Dで提案できる、医療施設レイアウトシミュレーションソフト『3D医療施設プランナー』を8月26日に発売した。
 
医療施設のレイアウトを3Dで提案できる営業支援ソフト『3D医療施設プランナー』
 
■製品の概要
同社がオフィス業界向けに15年前から開発を続けてきた3Dオフィスプレゼンソフト「3DオフィスデザイナーPRO4」をベースに、医療分野に特化した専用パーツ500点以上を含む約3700点の3D素材を収録した医療施設提案ソフト。
オフィス提案ソフトで培った機能や操作性を生かして、設計CADのように専門オペレーターがいなくても、平面図から3Dパースまで顧客満足度の高い医療施設の空間提案を行うことが可能。
主な特長は下記の通り。
 
●さまざまな医療空間の作成に対応、3D提案でビジネスを加速
平面図の作成はマウスをクリックしながらフロアの躯体を作成し、建具をパーツパレットからドラッグ&ドロップで壁に配置することで簡単に作成が可能。
また作成した平面図はボタン一つで3Dウィンドウが起動し、さまざまなアングルから確認することができる。
3Dパースでクライアントとの相互理解を早め、ビジネススピードを加速させることが可能。
 
●医療機器・家具類の配置検討からゾーン別の集計まで可能
医療機器や家具などの3Dパーツはパレットからマウスのドラッグ&ドロップで平面図に配置ができ、設備機器の配置検討や可動域のチェックが可能。
また、配置したパーツをフロアゾーン別に集計し一覧表を作成することもできるため、見積もり提案も素早くおこなえる。
 
●さまざまなプレゼン機能
作成したプランの紙出力はもちろん、無料のビューアアプリ「3Dプレイスビューア」を使用することで、作成した平面図や3DをWindowsPCや、スマートフォン、タブレットなどモバイル端末で閲覧することができ、場所や時間を選ばずに提案することができる。
 
●CADデータとの連携
CADデータ(DXF形式)を下絵として読み込み、壁や床などの線分をマウスをクリックしながらなぞるだけで躯体を入力することが可能。
さらに3D医療施設プランナーで作成した平面図は、CADソフト側で編集可能なDXFファイル形式で出力することもできる。
 
●オリジナルパーツの作成/外部3Dデータの入力機能
収録している3Dパーツの編集はもちろん、オリジナルの3Dパーツ形状を作成できる機能を搭載しており、3Dパーツの属性情報(品番や型番、価格など)を登録設定することも可能。
その他にもパーテーションやキャビネット、板金の作業台やシンクなどをウィザード形式で簡単に作成できる機能を搭載している。
外部3Dデータの入力機能としては、3DDXFファイルやSketchUpで作成されたデータ(skp)をインポートして本製品で利用できるデータ(m3dデータ)にコンバートすることも可能。
 
■標準価格(税抜き)
『3D医療施設プランナー』パッケージ版:98,000円
同 ダウンロード版:92,000円
 
■問合せ先
メガソフト株式会社
TEL:06-6147-2780
http://www.megasoft.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会