建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 日揮情報システムが工事原価管理システム『BEStPRO-原価C3 Lite』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

日揮情報システムが工事原価管理システム『BEStPRO-原価C3 Lite』を発売

2014年9月3日 分類: 建設共通

日揮情報システム株式会社(本社:横浜市西区、代表取締役社長:中島 昭能)は、株式会社 コア・システムデザイン(本社:千葉県習志野市、代表取締役社長:石田 英樹)が開発する、建設業向け工事原価管理システム「BEStPRO」シリーズの新製品『BEStPRO-原価C3 Lite(シーキューブライト)』を9月1日に発売した。
 
日揮情報システムが工事原価管理システム『BEStPRO-原価C3 Lite』を発売
 
■製品の概要
中小建設業や専門工事業でも実行予算の利益管理を手軽に行うことができる建設業向け工事原価管理システム。
「BEStPRO-原価C3」の機能をほぼ踏襲した上で、利用ユーザ数を最小5ユーザから30ユーザまでの制限とし、必要な機能(実行予算管理、購買機能、出来高査定、原価台帳)に絞ることで、リーズナブルな価格での導入を可能とした。
 
■標準価格(税抜き)
1サーバライセンス+5ユーザライセンス:2,750,000円
追加ライセンス(1ユーザ):150,000円
※年間サポート費用は別途
※参考:「BEStPRO-原価C3」標準価格(税抜き、1サーバライセンス+10ユーザライセンス):5,000,000円
 
■問合せ先
日揮情報システム株式会社
TEL:045-345-7010
http://www.jsys.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 


  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会