建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 工損調査にかかる時間と人員工数を削減する、貼るクラックスケール『Hurry』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

工損調査にかかる時間と人員工数を削減する、貼るクラックスケール『Hurry』

2014年8月20日 分類: 共通資材・工法

株式会社 零SPACE(本社:大分県別府市、代表取締役:大野 博明)は、「工損調査」をはじめとした様々なシーンで活用できる、貼るクラックスケール『Hurry(ハリー)』を、8月18日に発売した。
 
工損調査にかかる時間と人員工数を削減する、貼るクラックスケール『Hurry』
 
■製品の概要
目標物(亀裂等)に貼ることで調査のスピードアップ及び人員工数削減が図れる測定器(クラックスケール)。
主な特長は下記の通り。
 
●亀裂に直接貼って測定
従来のクラックスケールと異なり、目標物に直接貼ることが可能。
より正確に測れ、かつ、撮影もスムーズにできる。
 
●カラー付で測定箇所の視認性向上
従来のクラックスケールは金属製や無色透明のものが一般的であったが、本製品は色付きのため測定箇所が一目瞭然となる。
 
●やわらかな素材で、入隅・曲面に貼付可能
折ることもできるため、入隅(壁などで2つの面が入り合ってできる内外壁の角)や曲面にも簡単に貼ることができる。
 
●耐水・耐久性に優れる
耐水・耐久性に優れており、簡単に破れたりしないため、繰り返し使用可能。
 
■標準価格(税抜き)
2,500円/5シート(1シート:10枚)
 
■問合せ先
株式会社 零SPACE
TEL:0977-25-8671
http://zero-space.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会