建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 北洲が太陽熱・夜間冷気を利用した蓄熱塗り壁材『エコナウォール25』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

北洲が太陽熱・夜間冷気を利用した蓄熱塗り壁材『エコナウォール25』を発売

2014年8月12日 分類: 住宅建材

株式会社 北洲(本社:宮城県黒川郡富谷町、代表取締役社長:村上 ひろみ)は、太陽熱や夜間冷気を利用して省エネを図る蓄熱塗り壁材『エコナウォール25』を、室内気候研究所の石戸谷 裕二工学博士と技術提携して開発し、8月7日に発売した。
 
北洲が太陽熱・夜間冷気を利用した蓄熱塗り壁材『エコナウォール25』を発売
 
■製品の概要
潜熱蓄熱材とせっこうプラスターを混合させた塗り壁材であり、室内のオーバーヒート前に吸熱、室温低下前に放熱することで、室内の温度を一定に保つ。
室内気候研究所の実証結果より、高断熱住宅では暖房費を約40%削減することも実証されている。
主な特長は下記のとおり。
 
●再生可能エネルギーを利用して省エネを実現
塗り壁材に含まれているマイクロカプセルに内包された潜熱蓄熱材が、室温が上昇すると熱を吸収して融解し、室温が下がると熱を放出して凝固する。
冬の日射熱を夜間の暖房に活用できたり、オーバーヒートを抑えられたりなど、冷暖房機器に過剰に頼ることなく室内を快適温度に保つ。
 
●温度・湿度の穏やかな変化で健康的な生活をサポート
潜熱蓄熱材を混合させたせっこうプラスターは自然な調湿効果があり、冬場の過乾燥や夏場のジメジメ感を軽減する。
また消臭、殺菌の効果も期待できる上に、温度差を小さくし、湿度も快適に保つことで心地よい室内空間をつくりだし、健康的な生活をサポートする。
 
●美しい仕上がり
伝統的な左官による塗り壁は、手作業による独特の美しい仕上がりであり、耐久性にも優れ、長期間にわたり安定した性能を維持することができる。
また、既調合建材なので容易な施工で、リフォームにも適している。
 
■標準価格(税抜き)
エコナウォール25S:40,000円/袋(1袋=15Kg)
※標準施工面接(3~4mm厚)は7~8㎡/袋
 
エコナウォール25B:28,000円/袋(1袋=15Kg)
※標準施工面接(3~4mm厚)は5~6㎡/袋
 
■問合せ先
株式会社 北洲
http://hokushu.net/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会