建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 改装用オートドア『オートドア スリム100R』用レールのラインナップ拡充 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

改装用オートドア『オートドア スリム100R』用レールのラインナップ拡充

2014年8月8日 分類: 機械設備資材・工法

株式会社 LIXIL(本社:東京都千代田区、社長:藤森 義明)は、既存のサッシ枠やガラスを活かし、フロアヒンジドア(手動ドア)を自動ドアにリフォームできる改装用オートドア『オートドア スリム100R』に、既存の床の上にレールとスロープを載せて固定するだけで設置できる「ハツリレスレール」と、最小限の床面の“ハツリ”でフラットな仕上がりを実現する「省施工レール」の2種類のレールを追加し、8月1日に発売した。
 
改装用オートドア『オートドア スリム100R』用レールのラインナップ拡充
 
■製品の概要
これまで、リフォームでオートドアを設置するには、下レールを埋め込むために床を掘り起こす作業に時間がかかっていた。
また、床を掘り起こすことができない上層階には設置することができなかった。
同社では、大掛かりな工事なしで設置できる「ハツリレスレール」と「省施工レール」を開発し、最短1日でのリフォームを可能にしました。
それぞれの主な特長は下記の通り。
 
●「ハツリレスレール」
ハツリ工事や左官工事が必要なく、床の上にビスで固定するため、 2階など床を掘り起こせない物件でも簡単に設置可能なレール。
レール(最大部:高さ20mm)の周りには専用のアルミ製スロープ部材を設置しており、車椅子の利用者や高齢者にも配慮したバリアフリー仕様となっている。
また、床タイル等の増し張りにも対応している。
 
●「省施工レール」
少しのハツリで簡単に施工でき、フラットな仕上がりにできるレール。
床に小さな溝を掘り、そこにレールを嵌め込みビスで固定するだけで簡単に施工できるため、大掛かりな床のハツリ工事や埋め戻す左官工事が不要となり、工期や費用を抑えることが可能。
 
■参考価格(税抜き)
「オートドア スリム100R」スクリーンハツリレスレール仕様:135,000円~
(アルミ枠一式、サイズ:W1,800mm×H1,800mm、カラー:シルバー色)
※エンジン代、ガラス代、取付費、運賃等含まず
 
■問合せ先
株式会社 LIXIL
http://www.lixil.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会