建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 初期費用を抑え、柔軟なライセンス運用が可能『Desktop Subscription』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

初期費用を抑え、柔軟なライセンス運用が可能『Desktop Subscription』

2014年6月11日 分類: CAD、BIM・CIM

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)は、建築業界向けBIMアプリケーションのパッケージ『AutodeskⓇ AutoCADⓇ Revit LT™ Suite 2015』(オートキャド レビット エルティー スイート)にて、期間を選択して利用できるライセンス形態『Desktop Subscription』を導入し、6月9日に発売した。
 
初期費用を抑えた、柔軟なライセンス運用を可能にする『Desktop Subscription』
 
■概要
従来の永久ライセンスに加え「1カ月」「3カ月」「1年」から利用期間を選択可能になる。
本形態を利用することで、永久ライセンスと比較して初期費用を抑えることが可能。
また、プロジェクトへの本格導入前に数カ月間試験的に利用して適用性を評価するなど、設計プロジェクトの規模や期間に応じて使用期間やライセンス数を選択し、より状況に適した運用方法やコスト管理を行うことが可能。
 
■標準価格(税抜き)
『AutodeskⓇ AutoCADⓇ Revit LT™ Suite 2015』
1カ月:10,000円
3カ月:30,000円
1年:81,000円
(※永久ライセンスの場合:270,000円)
 
■問合せ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会