建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 建築家とのコラボレーション事業“SACLAB”から誕生した境界フェンス『S.ボーダー』シリーズ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

建築家とのコラボレーション事業“SACLAB”から誕生した境界フェンス『S.ボーダー』シリーズ

2014年6月5日 分類: 外構・造園

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、2013年春より、建築家とともに新しい住空間を考えるプロジェクト“SACLAB(=Sankyo Alumi Creative Laboratory 通称:サクラボ)”を発足し、国内外で活躍する建築家の視点を取り入れた新しいアルミ建材の開発を進めており、今回、同プロジェクトから生まれた初の製品として、フェンス『S.ボーダー』シリーズを6月20日に発売する。
 
建築家とのコラボレーション事業“SACLAB”から誕生した境界フェンス『S.ボーダー』シリーズ
 
■製品の概要
“新たな敷地境界”をコンセプトに、コミュニケーションとセキュリティの観点から建築家とともに考案した、新発想のフェンスシリーズ。
シリーズ各製品の主な特長は下記の通り。
 
●住む人が関わることでできあがる「RING RING」(リング リング)
間隔の異なる格子に、3サイズのリングを複数取り付けている。
リングに植木鉢を飾ってガーデニングを楽しんだり、餌を乗せた皿を置いて鳥や猫が集まる賑やかな場所をつくったりと、境界面に住人が関わることを演出する。
(デザイナー:千葉 学/千葉学建築設計事務所)
 
●古来の文様を取り入れた「mermaid」(マーメイド)
水景を表す伝統文様“青海波”をイメージし、和洋幅広く対応できるフレキシブルなデザイン。
ただ仕切るだけでなく、境界を華やかに、軽やかに演出する。
(デザイナー:永山 祐子/永山祐子建築設計)
 
●有機的な樹木型フェンス「kaede」(カエデ)「momi」(モミ)
枠のない有機的なデザインとその連続性が美しい樹木型。
枝と枝を連結し複数本連ねて設置することで並木のような表情を創り出す。
また、1本で設置して、表札を吊るしたり電飾を灯したりと、モニュメントのような提案も可能。
(デザイナー:納谷 学 + 納谷 新/納谷建築設計事務所)
 
■標準価格
「RING RING」
幅820×高980mm:105,000円
幅820×高1280mm:130,000円
 
「mermaid」
幅1000×高1160mm:113,000円
幅1000×高1450mm:138,000円
 
「kaede」「momi」
幅700×高1000mm:68,000円
幅1000×高1400mm:113,000円
 
■問合せ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会