建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 三協立山が利便性・デザイン性を向上した『UBアーチハンドル』を発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

三協立山が利便性・デザイン性を向上した『UBアーチハンドル』を発売

2014年6月4日 分類: 住宅建材

三協立山株式会社・三協アルミ社(本社:富山県高岡市、社長:蒲原 彰三)は、利便性の良い玄関ドア電気錠「UBキーガル」とハンドルを一体化した『UBアーチハンドル』を5月30日以降順次発売する。
 
三協立山が利便性・デザイン性を向上した『UBアーチハンドル』を発売
 
■製品の概要
リモコンキーを身につけていればドア本体のタッチ操作で施解錠が可能な電気錠「UBキーガル」とハンドルを一体化し、さらに利便性やデザイン性を高めた、電気錠一体型ハンドル。
主な特長は下記の通り。
 
●シンプルなデザインとシャープなフォルム
ボタン操作部とシリンダー、ハンドルを一体化し、前面には操作ボタンとLEDランプのみを配置したシンプルさと機能美を追求したデザイン。
シャープさと曲線美を融合した“カッティングアーチ”フォルムがエントランスに優美な印象を与える。
 
●使いやすさにこだわった操作性
・指1本で簡単操作

リモコンキーをバッグやポケットに入れて身につけていれば、本体のタッチ操作で施解錠が可能。
鍵を取り出す必要がなく、荷物の多い時でもスムーズに出入りできる。
・操作しやすいボタン位置
ボタン位置はドア下端から約120cmの高さで、小さな子供でも操作しやすいよう配慮している。
・認識しやすい施解錠分離ボタン
施錠ボタンと解錠ボタンを分けることで押し間違いなどに配慮。
ボタンの横に錠のピクトグラム(絵文字)を表記し、視認性を高めている。
・音と光で施解錠を確認
施解錠の操作が完了するとボタン上部のLEDランプが緑色に点灯。
施錠時には1回、解錠時には2回「ピー」と鳴り、音と光で施解錠を確認することが可能。
・室内外で使えるリモコンキー
ドア本体のタッチ操作だけでなく、リモコンキーでの施解錠も可能。
室外からだけでなく、室内側からも操作できる。
また、手動用キーを内蔵しており、停電などの非常時にも対応可能。
・電池交換不要の100V電気錠
ドア本体の電源は、100V/ACアダプター方式のため電池交換が不要。
※リモコンキーの電池寿命は約2年(1日10回使用の場合の目安)。
 
●安心の防犯機能と耐久性
・ピッキング対策

上下のシリンダーはカバーで覆い、鍵穴を見えなくすることで、ピッキングなどの不正解錠に対する心理的な抑制効果が期待できる。
・長時間の使用に応える強度と耐久性
表面には衝撃や傷に強いアルミダイキャストを採用。
背面は抗菌仕様の樹脂製で、握った時の冷たさを軽減する。
 
●デザインと機能を融合した“「UBアーチハンドル」専用デザイン”玄関ドア
電気錠標準仕様の同社「ラフォースEO」に、本製品専用の3デザインをラインアップ。
ハンドル上下に通ったラインが、ドア全体を一体感のあるスタイリッシュな印象に仕上げる。
その他、同社玄関ドアシリーズ「ラフォース」「プロセレーネ」「防火F型 玄関ドア」にも対応している。
 
■参考価格(税抜き)
手動錠(アーチハンドルの場合)からの上乗せ価格:105,000円
※搬入・組み立て・取り付け費等は含まず
 
■問合せ先
三協立山株式会社・三協アルミ社
TEL:0120-53-7899
http://alumi.st-grp.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会