建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ダイナワンが「彩(いろどり)」をテーマにしたタイル40種120色をラインアップ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ダイナワンが「彩(いろどり)」をテーマにしたタイル40種120色をラインアップ

2014年6月4日 分類: 住宅建材

株式会社 ダイナワン(本社:東京都中央区、社長:三井 基次)は「彩(いろどり)」をテーマにした“2014年新商品”として、タイル40種120色を6月から順次発売する。
 
ダイナワンが「彩(いろどり)」をテーマにしたタイル40種120色をラインアップ
 
■製品の概要
街や空間を彩るオリジナル商品や世界から集めた輸入品を幅広くラインアップ。
各シリーズの主な特長は下記の通り。
 
●「DESIGN TILE」シリーズ(24種74色)
鋳込み成形により従来のタイルにはないディテール表現にチャレンジした「DRAIN CAST」、シルクのような光沢感が美しい「REFLECT(リフレクト)」や、豊富なバリエーションを組み合わせて楽しめる「BIARRITZ WALL」の他、丸みのあるフォルムと切子のような柄が華やかな「ORNAMENT(オーナメント)」等の新商品をラインナップ。
そのほか、既存の人気シリーズ「四神釉凛(しじんゆうりん)」には「漆黒」や「白マット」、「TERAROSSA(テラロッサ)」には「ブラウン」などを新たに加え、さらに充実した商品を展開している。
 
●「INDOOR FLOOR」シリーズ(10種25色)
角度により柄の見え方が変化する「DECO FIORI(デコフィオーリ)」や、“三度焼き”の技術を使い、大理石調の柄の上にゴージャスな釉薬を施した「MARMI(マルミ)」、ユニークな石目模様と表面の絶妙な凹凸が深みを生み出す「RAIN FOREST (レインフォレスト)」のほか、ヴィンテージラグの繊細さと風合いをリアルに再現した「RUG(ラグ)」、 デジタルプリントによって施されたヴィンテージウッドの風合いが特長の木目長尺「LUMBER(ランバー)」、 南西フランスの街をイメージした開放的な意匠が魅力的な「BIARRITZ(ビアリッツ)」など、特徴的な意匠のシリーズを数多く取り揃えている。
 
●「OUTDOOR FLOOR」シリーズ(3種6色)
アウトドア空間をスタイリッシュに仕上げる、ダイナミックな流れの石目模様が特徴の「BALZA(バルザ)」、 シンプルな表情と輝く白さが特長の外床タイル「DE LA WHITE」や「CERAQUARTZ」シリーズの新形状などを追加。
 
●「OUTER WALL」シリーズ(2種13色)
「HINONE(ヒノネ)」シリーズに、土ものの風合いを際立たせる「ブラスト面状」と、伝統的なドブヅケ釉で温もりある素材感が光る 「ドブヅケ」の新面状を加えた他、新色も追加。
外壁を立体的に仕上げる「有孔ブロック」と併せ、2種13色を新たにラインアップ。
 
 
同社では、6月12日の名古屋会場を皮切りに、全国7会場にて建築関連のプロユーザーを対象とする“2014年新商品”展示会「DINA DESIGN 2014」を開催する。
 
■問合せ先
株式会社 ダイナワン
http://www.dinaone.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会