建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> オートデスクが『Autodesk AutoCAD』シリーズ新バージョンを発売 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

オートデスクが『Autodesk AutoCAD』シリーズ新バージョンを発売

2014年4月2日 分類: CAD、BIM・CIM

オートデスク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ルイス・グレスパン)は、統合設計アプリケーション『AutodeskⓇ AutoCADⓇ』シリーズの新バージョンを3月28日より順次発売する。
 
『Autodesk AutoCAD』シリーズ
 
■製品の概要
最新バージョンでは、生産性の向上、最新テクノロジの活用、コラボレーション機能の向上などに主眼を置いた新機能を搭載。
近年の設計プロジェクトでは、さまざまな情報が作成・やり取りされるが、その中でも設計者が業務に必要な情報を必要な時に、情報端末の種類を問わずに扱えるようにすることを想定して、新機能を開発している。
主な新機能は下記の通り。
 
●生産性の向上
・さまざまなコマンドプレビュー機能で視認性を向上させ、注釈作成機能(MTEXT)の操作性を向上。
 これにより操作ミスを低減し、さらに効率的な作図環境を実現した。
・スムージング表示機能を新たに搭載。
 ハードウェアのパフォーマンスを犠牲にすることなくギザギザのない詳細な図面をスムーズに表示可能。
 
●洗練されたUIと最新テクノロジを活用する範囲の拡大
・従来の白から、黒をベースにした背景に変更。
 目に優しく図面に集中しやすいユーザ インタフェースに改善した。
・「Autodesk ReCap™」との連携機能を強化。
 「スキャンした点群データをReCapに取り込み、必要な部分のみ残すなどの加工をした後、
  AutoCAD にインポートして設計に活用する」といったワークフローを明確に定義可能。
 さらにAutoCAD 内での点群データの視認性や編集機能の強化も実現した。
 
●接続性の向上
・図面に入力した緯度経度に合わせて配置した航空写真画像が印刷可能。
・コラボレーションツール「設計フィード」の情報をDWG 内に保存可能になり、他の設計者との情報共有が促進。
 
なお、今回発売されるアプリケーションは下記の通り。
『Autodesk AutoCAD 2015』(3月28日発売)
直観的な操作で作図、詳細設計を効率的に行う汎用2D/3D CADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD LT 2015』(3月28日発売)
直観的な操作で作図、詳細設計を効率的に行う汎用2D作図CADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Electrical 2015』(3月28日発売)
電気制御設計に特化した機能を搭載した2D作図CADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Mechanical 2015』(3月28日発売)
機械設計に特化した機能を搭載した2D作図CADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Architecture 2015』(4月11日発売)
建築設計に特化した機能を搭載した2D作図CADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Map 3D 2015』(3月31日発売)
CADデータやGISデータを取り込んで公共インフラや土木設計の調査や計画を行うためのアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Civil 3DⓇ 2015』(4月9日発売)
土木設計に特化した機能を搭載したCADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD P&ID 2015』(4月4日発売)
配管設計に特化した機能を搭載したCADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Plant 3D 2015』(4月4日発売)
プラント設計に特化した機能を搭載したCADアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Raster Design 2015』(4月14日発売)
ラスター編集、ラスター形式からベクター形式へのデータ変換を行うためのアプリケーション
 
『Autodesk AutoCAD Revit LT™ Suite 2015』(4月11日発売)
AutoCAD LTと3D BIM設計CAD Revit LTを同梱したパッケージ
 
『Autodesk AutoCAD LT Civil Suite 2015』(4月22日発売)
「AutoCAD LT」と電子納品データ作成アプリケーション「Autodesk CALS Tools」をセットにしたパッケージ
 
『Autodesk AutoCAD Inventor LT™ Suite 2015』(4月23日発売)
「AutoCAD LT」と3D機械部品設計CAD「Inventor LT」を同梱したパッケージ
 
■標準価格(税抜き)
『Autodesk AutoCAD 2015』
永久ライセンス: 585,000円
※Maintenance Subscription(技術サポート、クラウドサービスなど):88,000円より
Desktop Subscription(期限付きライセンス形態):110,000円(3カ月、ベーシックサポート付きの場合)
 
『Autodesk AutoCAD LT 2015』
永久ライセンス/カード型ライセンス:190,000円
※カード型ライセンスは家電量販店などの店頭で発売
Maintenance Subscription:29,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Electrical 2015』
永久ライセンス: 805,000円
Maintenance Subscription:121,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Mechanical 2015』
永久ライセンス: 660,000円
Maintenance Subscription:99,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Architecture 2015』
永久ライセンス: 730,000円
Maintenance Subscription:110,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Map 3D 2015』
永久ライセンス: 730,000円
Maintenance Subscription:110,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Civil 3DⓇ 2015』
永久ライセンス: 875,000円
Maintenance Subscription:131,000円より
 
『Autodesk AutoCAD P&ID 2015』
永久ライセンス: 805,000円
Maintenance Subscription:121,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Plant 3D 2015』
永久ライセンス: 1,315,000円
Maintenance Subscription:197,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Raster Design 2015』
永久ライセンス: 295,000円
Maintenance Subscription:44,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Revit LT™ Suite 2015』
永久ライセンス: 270,000円
Maintenance Subscription:38,000円より
 
『Autodesk AutoCAD LT Civil Suite 2015』
永久ライセンス: 238,000円
Maintenance Subscription:36,000円より
 
『Autodesk AutoCAD Inventor LT™ Suite 2015』
永久ライセンス: 238,000円
Maintenance Subscription:36,000円より
 
■問合せ先
オートデスク株式会社
http://www.autodesk.co.jp



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会