建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> サービス付き高齢者住宅・シニア施設向けインテリア『セーフケアプラス』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

サービス付き高齢者住宅・シニア施設向けインテリア『セーフケアプラス』

2014年1月8日 分類: 住宅建材

永大産業株式会社(本社:大阪市住之江区、社長:大道 正人)は、シニアマーケット向け『セーフケアプラス』製品群にて「サービス付き高齢者住宅・シニア施設向け製品」各種を12月9日に発売した。
 
サービス付き高齢者住宅・シニア施設向けインテリア『セーフケアプラス』
 
■製品の概要
サービス付き高齢者向け住宅やシニア施設に入居する団塊世代「アクティブシニア」(活動的な面があり、自分のライフスタイルにこだわりを持ち、個の価値観を大切にする)、および施設サービス提供側、建築施工者、それぞれのニーズに応えられる豊富なデザイン、カラー、機能、性能を備えた室内ドアをはじめ、多彩な製品ラインナップ。
各製品の概要は下記の通り。
 
●室内ドア
デザイン・カラー・握りバーの組み合わせにより空間に合わせた多彩なインテリア提案が可能。
従来品の倍以上の耐久性を持ち、マスターキー加工・不燃対応製品など、さまざまなオプションを準備している。
 
●リビングステージ ルームフロントプラン
ルームフロントプランは、居室(自宅)と共同廊下の壁内の未使用空間を有効活用した製品である。
飾りスペースなどで居室(自宅)の入口に居住者の個性を表現することができ、さらに生活に便利な収納と安全・安心・見守りサポートに役立つ。
 
●シューズボックス キャビネスト ロッカープラン
最下部に来客者用の靴などを収納するためのフリースペースを設けたタイプと、全て居住者用の収納スペースとしたタイプの2種類を設定。
使用者の要望に応じて組み合わせてプランニングすることも可能。
収納内部は棚板が2枚あり、下段の棚板は高さを調整することができる。
扉上部はすき間を設けることで、凹凸のないスッキリした意匠を実現しており、郵便受けとしても利用が可能。
 
●コンシェルジュカウンターユニット
入居者、スタッフ、来訪者とのコミュニケーションの場として活用される共同エントランスホールに上質感をもたらす「受付カウンターユニット」をラインナップ。
室内ドアとコーディネートできる多彩なカラーバリエーションを品揃えしている。
 
■問合せ先
永大産業株式会社
TEL:0120-685-110
http://www.eidai.com/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会