建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> 工事現場向け長距離無線LANシステム『FalconWAVE®』 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

工事現場向け長距離無線LANシステム『FalconWAVE®』

2013年11月11日 分類: 建設共通

日本電業工作株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岩本 眞)は、長距離無線LANシステム『FalconWAVE®』の、工事現場におけるカメラ監視や無線Wi-Fiエリア化への対応を実証するため、マルチメディア無線伝送実証実験を実施した。
 
FalconWAVE®
 
■製品の概要
長距離無線LANシステム「FalconWAVE®2.4G/4.9G」を利用した自営回線により、通信回線のない工事現場の監視カメラの映像伝送により工事の進捗状況や安全管理をリアルタイムで確認することが可能。
また、IP方式のためランニングコスト不要でWi-Fiエリア化が実現でき、様々なマルチメディアサービスに対応する。
4.9Gタイプを利用することにより最大18㎞の長距離伝送が可能なため、橋梁工事などの広域現場監視にも適している。
 
【マルチメディア伝送実験概要】
同社事業所内の施設を想定工事現場とし、約80m離れた想定事務所へ以下3種の実験を実施。
 
1.映像伝送
IPカメラを両側に接続し双方向通信を行い本部側のレコーダにて録画。
2.音声伝送
双方向からIPカメラを用いての音声伝送と社内I電話線と長距離無線LANシステム「FalconWAVE®」を接続しIP電話による伝送。
3.Wi-Fiエリア構築
事務所側の長距離無線LANシステム「FalconWAVE®」にFOMAモジュールを接続し現場側で無線ルータに接続。タブレットにより無線ルータにアクセスしインターネットに接続。
 
実験の結果として、IPカメラ、IP電話双方向通信、Wi-Fiスポット構築における必要伝送速度:3.6Mbps~5.6Mbpsに対して、平均伝送速度:13.7Mbps、13.9Mbpsと大幅に上回る結果を得た。
今後、2013年12月末までに製品商用を目指し、全国の建設業者、工事業者、セキュリティ会社などに製品展開を行う予定。
 
■問合せ先
日本電業工作株式会社
TEL:0120-010-117
http://www.den-gyo.com/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会