建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ノーリツが『洗面化粧台シャンピーヌ』をフルモデルチェンジ 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ノーリツが『洗面化粧台シャンピーヌ』をフルモデルチェンジ

2013年10月28日 分類: 住宅設備機器

株式会社 ノーリツ(本社:神戸市中央区、代表取締役社長:國井 総一郎)は、『洗面化粧台シャンピーヌ』をフルモデルチェンジし、2014年1月14日に発売する。

洗面化粧台シャンピーヌ

■製品の概要
新モデルの主な特長は下記の通り。

●スクエア形状の陶器製ボウル
フランジが薄いスクエア形状の陶器製のボウルは、満水時は17リットルの大容量で、毎日の洗面使用時のほか洗濯、掃除と、水仕事全般に使える設計となっている。
また、水栓の両サイドには、石鹸やハンドソープなどを安定した状態で置けるフラットスペースを設けている。さらに、水栓取り付け部に緩やかな5度の傾斜を設け、水溜りができにくいため日々の手入れが容易となっている。

●充実した機能の1面鏡ミラーキャビネット
1面鏡ミラーキャビネットは、洗面所での使い勝手を考えた機能を搭載。
ミラー下に設けた、奥行き約9cm(センター部)のフラットな仮置き棚は、化粧品や整髪用品などを一時的に置くスペースとして活用可能。
また、ドライヤー・電動歯ブラシなど使用頻度の高い電化製品が同時使用できるよう、ミラー左右に1箇所ずつの計2箇所、コンセントを設置している。

●5色の扉カラーをラインアップ
従来品を踏襲した木目とホワイト(2種類)の他、洗面室を明るく彩る「モイスピンク」と高い質感のウッド調「ブラウンウッド」の2色を新色に加えている。

●低炭素住宅に対応可能なエコ水栓をオプションで追加
エネルギーの節約に役立つ「エコシングルレバーシャワー水栓」をオプションで選択でき、国土交通省が施行した「低炭素建築物認定基準」の低炭素住宅に対応することが可能。
従来は、レバー中央部での吐出は、水と湯が混ざっているため、気づかないうちに給湯器が作動し無駄なエネルギーを消費していたが、エコ水栓では、中央部までは水が出る仕様となり、さらに水と湯の境はクリック感で使い分けすることが可能。
ムダなお湯の使用を防ぎエネルギーの節約に繋がる。

●「ブレードホース仕様」の標準採用で施工性アップ
シャワー水栓を全てブレードホース仕様に変更。
ワンタッチで簡単、確実に設置することが可能なため、施工性が大幅にアップし施工品質も高まっている。

■標準価格(税込み)
間口600mm:109,725円〜
間口750mm:120,225円〜
※いずれも1面鏡・ヒーターなし・標準水栓。工事費は別途

■問合せ先
株式会社 ノーリツ
TEL:0120-911-026
http://www.noritz.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会