建設ITガイド

トップ >> 新製品ニュース >> ニコントリンブルがレーザーレベル『LL300』のレーザークラスを変更 新製品ニュース

土木・建築を中心とした建設ソフトウェアやハードウェアなど、建設ITに役立つ新製品・新サービス等を紹介します。

ニコントリンブルがレーザーレベル『LL300』のレーザークラスを変更

2013年10月25日 分類: 建設機械・工具

株式会社 ニコン・トリンブル(本社:東京都大田区、代表取締役社長:丹澤 孝)は、レーザーレベル『LL300』のレーザークラスを従来のレーザークラス3Rからレーザークラス2へと変更した。

LL300

■製品の概要
測定中の万が一の事故を防ぐためにレーザー強度をレーザークラス3Rからレーザークラス2へと変更。
各レーザークラスの概要は下記の通り。

クラス3R:
直接のビーム内観察は潜在的に危険であるが、その危険性はクラス3Bレーザーに対するものよりも低いレーザー。製造者や使用者に対する規制対策がクラス3Bレーザーに比し緩和されている。クラス1あるいはクラス2のAELの5倍以内である。鍵やインタロックを取り付ける必要がない点で、その上のクラスとは異なっている。

クラス2:
可視光のみに規定され、眼の保護は「まばたき」などの嫌悪反応により行われることによりクラス1なみの安全が確保されるレーザー。

なお、測定距離範囲等のその他性能は従来製品を踏襲している。
主な特長は下記の通り。

・直径400m、360°の作業範囲:自動整準範囲は5°に拡大
・90時間連続使用:単一アルカリ電池で90時間使用可能。オプションでACからのチャージも可能。
・IP54のタフボディ:1mの高さからコンクリートに落下しても耐えることを想定した堅牢設計。

■問合せ先
株式会社 ニコン・トリンブル
TEL:03-3737-9411
http://www.nikon-trimble.co.jp/



最近の記事

RSS購読する

カテゴリ

過去記事

 

  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会