建設ITガイド

トップ >> 特集記事 >> 2015年6月 特集記事

書籍版「建設ITガイド」に掲載した特集記事のバックナンバーです。

積算ソフトの導入と効果

2015年6月30日

営業部長兼設計積算課長 岡崎 明男 氏

営業部長兼設計積算課長 岡崎 明男 氏


エルゴテック株式会社
所在地:東京都港区
資本金:9,200万円
従業員数:約130名
営業内容:空気調和、給排水、地域冷暖房、産業空調、
防災等の企画・設計・施工・メンテナンス業務、
環境対策・省エネ商品取り扱い
http://www2.ergotech.co.jp/
 
 
東京都港区に本社を構えるエルゴテック株式会社。
1927年の創業以来、空調衛生設備の設計施工を長く手がけてきた。
同社は2000年に設備専門の積算ソフトを導入し、
見積り業務の大幅な効率化に成功したという。
今回は、積算ソフトの導入と効果について話を伺った。
 
 
 

はじめに

弊社の創業は主として繊維産業用などの除湿から始まり、
以来80余年建築設備(空調衛生設備の設計施工)を主力事業にオフィスの就労環境、工場などの生産環境、
病院や食品関連の衛生環境、学校・ホテル・住居などの生活環境をより良いものとする会社として
質の高い社会資本の整備の一役を担ってまいりました。
弊社の企業理念であります「設備事業並びに周辺関連事業を通じて、
人と社会と環境のために貢献する企業を目指す」ということを体現することが、弊社の社会的責任であると認識して、
今後とも永続的に発展するよう努力する所存です。
 
 

運用状況

積算システム「PICK-UP」を導入したのは、2000年7月からになります。
これにより、紙の図面にスケールを当てて測っていた材料の拾い出し作業が、
デジタイザーという機器を利用することで、コンピューターへ自動的に入力されるようになりました。
 

拾い画面

拾い画面


 
さらに現在では、画面拾いシステム(ディスプレイに図面を表示してのマウス拾い)へのバージョンアップを行い、
さらなる作業の効率化に成功しています。
 
また、他部署との連携に対応した弊社独自の要求事項にもスムーズに対応していただき、
より使いやすいシステムとして活用しています。
 
 

効率化ポイント1

「拾い業務の効率化」

 

アイソメ図

アイソメ図


 
材料を選択し、画面上をクリックすることで数量を拾うことができ、拾った部分は用途ごとに自動で着色されます。
しかも、数量と図面上の着色部分は全て連動しているので、
拾い落し等のチェック、拾い作業の分担や引き継ぎ時には、その利便性と操作性の良さを痛感させられました。
また、マルチディスプレイ方式に対応しているので、図面と拾いデータを別々の画面に表示でき、
ストレスを感じることなく、非常に効率良く拾い業務を行えています。
 
 

効率化ポイント2

「図面、仕様等の変更時対応」

設計変更等でデータの修正・削除がある場合には、拾った軌跡を残したまま図面だけを差し替えることができます。
そのため、図面上で変更となった部分のみを修正することが簡単にできます。
また、間違って拾ってしまった場合でも、修正・削除が簡単にできるので、気軽に・軽快に拾い作業を行えます。
 
 

効率化ポイント3

「複数人での同時作業」

 

見積画面

見積画面


 
大規模な物件や、提出期間の短い物件では、複数人で同時に見積書を仕上げていくことができるので、
安心して見積業務を進められています。
 
また、「PICK-UP」を導入している外注業者に拾いを依頼すれば、
ボタン1つで見積書に変換することができる上、データをメールにてやり取りできるので、迅速な対応が可能です。
しかも、画面拾いに対応していれば、チェックや変更が自社でできます。
 
作業風景
 
 

効率化ポイント4

「見積書から一次実行予算の検討」

 

一次実行予算画面

一次実行予算画面


 
一次実行予算の検討は、見積書を見ながらExcelに手入力して行っていたため、手間と時間がかかっていました。
そこで、「PICK-UP」の見積書データを自社のExcel帳票に変換し、一次実行予算を検討できるシステムを作成していただきました。
既存の帳票を利用しているため、複雑な操作方法を覚える必要がなく、
一次実行予算の詳細な検討を、余計な労力をかけることなく行えるようになりました。
 
 

効率化ポイント5

「安心なサポート体制」

「PICK-UP」はもちろん、コンピューター全般に関する相談にも親身に対応していただいております。
さらに、建築設備の知識にも詳しい技術者が多く、設備に精通した運用ノウハウも相談に乗ってもらえるので、
安心して使用することができます。
 
 

最後に

当社を取り巻く経済環境は、現政権の積極的な経済政策によるアベノミクス効果、
2020年東京オリンピック開催に伴う関連施設建設計画、東北復興支援事業の本格化等、回復基調が続くものと考えられます。
一方受注環境は、職人不足や材料コストの上昇、消費税率引き上げ等の問題から、
受注競争は今後も厳しい状況が続くと予想され、当社を取り巻く環境は決して楽観視できる状況ではありません。
そんな中で、見積書作成システムの導入は、弊社の業務効率化に大きく貢献しています。
今後とも、(株)カンキョウエンジニアリングの技術進歩に期待し、
さらなるスムーズかつ画期的なシステム開発・運用を実現できればと考えています。
 
社内風景
 
 
 
 

この記事に登場した製品

建築設備積算システム「PICK-UP」
 
 
 
 
【この記事は…】
建設ITガイドWEB
建設ITガイドWEB「成功事例集」(2015年2月掲載記事)より転載しています
※掲載データや人物の肩書など、いずれも掲載当時のものです
 
 



 

新製品ニュース

クラウドを用いたICT重機管理システム 「MC1 iRoller」


建設ITガイド 電子書籍 2021版
建設ITガイド2021のご購入はこちら

サイト内検索

掲載メーカー様ログインページ


おすすめ新着記事

 



  掲載をご希望の方へ


  土木・建築資材・工法カタログ請求サイト

  けんせつPlaza

  積算資料ポケット版WEB

  BookけんせつPlaza

  建設マネジメント技術

  一般財団法人 経済調査会